飲む日焼け止めの効果ランキング

飲む日焼け止めの効果ランキング | 体の中から日焼け止めをしよう

飲む日焼け止めの効果ランキング | 体の内側から日焼け止めをすることで、今までの日焼け止めでは対応できなかった効果を実現できます。

紫外線による病気 | 肌だけでなく全身に影響 飲む日焼け止めの効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 6分

8033796

紫外線は、日焼けやシミだけでなく、

皮膚がんや目の病気を引き起こすこともあります。

その怖い影響について、知っておきましょう。

紫外線が細胞を傷つけ、皮膚がんに発展する場合も

紫外線を大量に浴びた結果、日焼けだけで済まず、

命にかかわる病気を招いてしまうことがあります。

それが皮膚がんです。

紫外線により、細胞内の核(遺伝子)が傷つくことが

原因です。

 

もちろん体内には、傷ついた遺伝子を修復するシステムが

備わっています。

ですが、繰り返し長期にわたって紫外線を浴び続けると、

遺伝子の修復がうまくいかなくなることがあります。

 

遺伝子が壊れたままで細胞分裂をしていくと、

異常な細胞がどんどん増えてしまいます。

これが皮膚がんの原因です。

 

皮膚がんを防いでいくためには、

若いうちからの紫外線対策がとても大切です。

長時間の紫外線は白内障などの原因にも

目の病気になる場合もあります。

お年寄りに覆い「白内障」や「黄斑変性症」は、

黒目の部分にある水晶体に、紫外線が長い時間にわたって

当たり続けたことが原因といわれています。

 

また、スキー場、海などで目に紫外線を大量に浴びると、

「雪目」といわれる、角膜のやけどを負ってしまいます。

 

目が充血し、痛み、まぶしさ、涙などの症状を

引き起こします。紫外線の強い場所では、

サングラス、ゴーグルなどを必ずつけましょう。

 

このように美容だけでなく全身の健康のためにも、

紫外線の影響から身を守ることが重要なのです。

美肌の常識 | サングラスが美白に効く

紫外線から目を守るためにかけるサングラス。

実は、シミや日焼けを防いでくれる効果もあるのです。

 

肌が紫外線にさらされるとメラニン色素がつくられますが、

それ以外に、目に光が入ってまぶしさを感じただけでも、

「メラニン色素をつくれ!」と脳が指令を出すのです。

 

ですからサングラスは、UV効果のあるもので、

かつ、よく光を遮断するものを選ぶとよいでしょう。

紫外線はさまざまなトラブルの原因に

紫外線の怖い影響について知っておきましょう。

症状1:日焼け(日光皮膚炎)

日焼けをすると、皮膚が赤くなってヒリヒリしてきます。

これは、皮膚が軽い「やけど」を負っている状態だからです。

重症なときは熱が出たり、頭痛や吐き気、免疫力が

ダウンすることもあります。

 

症状2:光老化

紫外線はシミやシワ、たるみの原因になります。

また、肌を乾燥させるので、放置するとターンオーバーが

正常に行われなくなり、くすみ、キメの荒れなど、

老けた印象の肌になってしまいます。

 

症状3:皮膚がん

紫外線が細胞を傷つけた結果、DNAが損傷し、

皮膚がんを引き起こす場合があります。

シミやほくろの形が左右対称でない、まわりが

ギザギザ、色が均一でなく濃淡が混じっている、

直径が6mm以上、などがあったら、

皮膚科専門医を訪ねましょう。

 

症状4:目の病気

紫外線を長時間にわたって浴び続けると、

白内障、黄斑変性症などの原因になります。

また、スキー場や海で強い紫外線を大量に浴びると、

まぶしさや目の痛み、大量に涙が出る、などの

症状が起こる「雪目」になることもあります。

 日焼け止めに使われている2つの成分

日焼けどめには、一般的に、紫外線を吸収する

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤が使われています。

 

紫外線吸収剤は、メトキシケイヒ酸オクチル、

オキシベンゾンなどが主な成分です。

紫外線を吸収させて肌を守りますが、

敏感肌の人などにとっては刺激が強いので、

肌荒れやかぶれを引き起こすこともあります。

 

紫外線吸収剤不使用」「ノンケミカル」と書かれた

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めを使うとよいでしょう。

UVケア効果のある化粧下地には、

紫外線吸収剤が使われているものが多くあります。

 

紫外線散乱剤は、紫外線を反射させて肌を守ります。

酸化チタンや酸化亜鉛などが主な成分です。

紫外線吸収剤よりは刺激が少ないのですが、

肌が白っぽくなる、乾燥しやすいなどの

傾向があります。

 

最近の投稿
カテゴリー