飲む日焼け止めの効果ランキング

飲む日焼け止めの効果ランキング | 体の中から日焼け止めをしよう

飲む日焼け止めの効果ランキング | 体の内側から日焼け止めをすることで、今までの日焼け止めでは対応できなかった効果を実現できます。

日焼け止めの化粧品は塗る量に注意 | 飲む日焼け止めの効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 6分

15862674

日焼け止めの化粧品の効果は、塗る量が少ないと

当然下がります。

たとえば、SPF値20のものを塗っても、

量が少なければSPF値10程度の効果しか

得られないこともあります。

 

日焼け止め化粧品のSPF値は、実際に人間の

皮膚を使って測定します。

 

その際に使用される量は、皮膚1平方cmあたり

日焼け止め化粧品2mg。つまり、日焼け止め化粧品に

表示されているSPF値は、そのぐらいの量で塗った場合の

数値です。

 

ところがこれはかなりの量で、実際に女性が使っている量は、

平均的にその約4分の1といわれます。

その場合、効果は約20分の1に下がります。

 

日焼け止め化粧品はたくさんつけすぎると、

ベタついてイヤという人もいるようです。

 

その場合は、頬骨あたりだけ厚めに塗りましょう。

紫外線によるシミは、頬骨あたりから

でき始めることが多いからです。

日焼け止め化粧品の上にはパウダーファンデを重ねる

より確実に紫外線をカットするには、

日焼け止め化粧品の上に、パウダーファンデーションを

重ねると効果的です。

 

というのも、ファンデーションの色粉は、紫外線散乱剤と似ているからです。

たとえば、レーザー治療をするときに、ファンデーションが

肌に少しでも残っていると、レーザーの光が

跳ね返されてしまうほど。

 

パウダーファンデーションは、とくに日焼け止め効果を

うたったものではなくても、UVカット効果がある

いわれます。

 

ファンデーションは、パウダータイプがおすすめです。

リキッドやクリームタイプは界面活性剤の配合量が多く、

肌荒れの原因になることがあるからです。

 

日焼け止め効果をうたったファンデーションもありますが、

肌の負担になる紫外線吸収剤を含むことがあるので、

あえてそのようなものではなく、普通のパウダータイプを

選ぶほうがいいでしょう。

「日焼け止め化粧品だけ」の場合はしっかり塗るように

「家にいることが多くてメイクの必要もないし、

日焼け止め化粧品しか塗らない」という人も

ときどきいます。

 

しかし、日焼け止め化粧品だけを塗るならば、

パウダーファンデーションだけを塗るほうが、

シミになることは少ないようです。

 

実際に日焼け止め化粧品だけを塗って

素肌でいる人は、シミができやすいようです。

 

塗る量が少なすぎる人が多いことも

関係しているのかもしれません。

うっかり日焼けに要注意

紫外線は、サンサンと陽が降り注いでいるときだけでなく、

肌寒い曇りの日でも、たとえ短時間の外出でも、

少しずつ浴びてしまっているのです。

 

そのようなわずかな紫外線が、

蓄積してシミやシワになるのです。

そのようなシーンでは、紫外線を浴びないように

工夫したり日焼け対策をしたりして、十分に注意しましょう。

曇っていても・・・

紫外線は雲を通過して地上に届き、

肌にダメージを与える。

たとえ曇っていても、紫外線対策は

ぬかりなく!

日陰にいても・・・

紫外線には、地表までまっすぐ届く「直射光」と

空気中で四方八方に広がって地表に届く

「散乱光」がある。

日陰にいてもこれを浴びることに。

散乱光の量も侮れない。

涼しくても…

まだ涼しい春咲から紫外線は増えていく。

また山の上や高原などの標高が高いところでは

紫外線は多くなる。標高の高いところに行くときは、

万全の紫外線対策が必須です。

長袖で防備していても…

洋服の上からでも容赦なく通す紫外線。

気づかないうちに日焼けをして、

ムラになっていることも。

UV加工の施されたカーディガンやストールなどを

羽織ると良い。

部屋の中にいても…

紫外線A波は、ガラスを通過するので、

屋内や自動車内、電車の中にいても

油断はできない。

短時間でも…

ちょっと洗濯物を干すだけ、

ちょっと近所に買いに行くだけ…。

短時間でも紫外線のダメージを受け、

シミの原因になる。

 

紫外線を防ぐ生活を | 体の内側からUVケア 飲む日焼け止めの効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

4017175

体をさびつかせる紫外線。

その影響を抑えてくれるのが、抗酸化物質です。

多く含む食材を積極的に食べて、

内側からも守りを固めましょう。

抗酸化物質で”食べるUVケア”を

紫外線の影響から肌を守るには、食べ物での

内側からのUVケア」も有効です。

 

紫外線を浴びると、体内では「活性酸素」が発生します。

活性酸素は酸素が変化したもので、細胞や組織を

「さびさせてしまう」物質です。

 

活性酸素が増えるとシワやシミだけでなく、

動脈硬化の原因になることもあります。

 

このような活性酸素の影響から肌や体を守って

くれるのが、「抗酸化物資」です。

 

主なものに、B-カロテン、ビタミンC、E,

ポリフェノールなどがあります。

単品で食べるより、いくつか合わせてとるほうが

効果が高まります。

 

日頃から積極的にとるように意識しましょう。

日焼け後はすぐ冷やして水分補給を

いくら日頃から紫外線対策をしていても、

アウトドアでレジャーを楽しめば、

日焼けが避けられないときもあります。

 

日焼け後、肌がピリピリしてきたら、

できるだけ早く、濡らしたタオルで冷やしましょう

体が脱水症状になっているので、水分をたっぷり

とることも大切です。

 

赤みがおさまったら、化粧水や乳液で保湿します。

美白効果のあるビタミンC誘導体配合のものを

使ってみてもよいでしょう。

 

また日焼け後にも抗酸化物資をとれば、

紫外線による肌への影響を抑えてくれます

 

紫外線を大量に浴びた後は免疫力も低下しているので、

バランスの良い食事をとり、十分に体を休めてください。

カラフルな食材を積極的にとろう

南国のフルーツがカラフルなのは、紫外線の影響を

抑えてくれる、抗酸化物資がたっぷり含まれているからです。

 

またトマトやほうれん草、かぼちゃなどの

緑黄色野菜も抗酸化物資を多く含みます。

「色鮮やかさ」を食材選びの目安にするとよいですね。

シミができやすくなる食べ物も

レモンやオレンジなどの柑橘類や、パセリ、セロリ、

キュウリなどに含まれる「ソラレン」という物質は、

紫外線への感受性を高め、シミをできやすくします

 

外出などで日に当たる前には、食べないようにします。

夕食で取るとよいでしょう。

365日のUVケア | さまざま方法で紫外線から身を守る 飲む日焼け止めの効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 5分

4817462

UVケアは夏だけのものではありません。

服を着るのと同じように、「あたりまえのもの」として、

1年間の暮らしの中に取り入れましょう。

毎日の積み重ねが10年後、20年後の美肌をつくる

紫外線は季節や時間帯によって

量に違いがありますが、1年中、天候にかかわらず

降り注いでいます。

 

紫外線の影響を避けられるのは、太陽の沈んだ後、

夜の時間帯のみです。

 

また、窓ガラスを通して、室内に入ってきたり、

道路から照り返してきたりなど、あらゆる方向から

影響を及ぼします。

 

100%ガードすることは不可能といっていいぐらいですが、

日焼け度目や服装、食事などできるだけ紫外線を

防ぐことが大切です。

 

面倒に思えるかもしれませんが、日々、UVケアに

気を遣っていれば、10年後、20年後に

必ず肌が違ってきます。

あらゆる方向から降り注ぐ 紫外線は小物類でカット

まず日焼け止めは、特別なケアではなく、

服を着るのと同じあたりまえのケアと

とらえてください。

 

さらに、日傘、帽子、サングラス、スカーフなど、

小物類で、紫外線を防御しましょう。

 

日傘や帽子、スカーフは、白より黒や紺など

濃い色の方が紫外線を通しません。

UVカット効果のあるものも市販されているので、

ぜひ使ってください。

 

サングラスはUV効果があり、まわりから

紫外線が入らないように、顔にフィットする

形状を選びます。

 

服も、肌を出来るだけ出さないものを

選びましょう。夏でも、上に羽織れる長袖を

1枚、持ち歩きましょう。

豊富な日焼け止めの種類は用途に合わせて使い分ける

日焼け止めには、顔用、ボデイ用があるほか、

化粧下地として使えるタイプ、ファンデーション、

パウダー、シート、スプレー、リップクリームなど、

さまざまな形状のものが発売されています。

 

用途や目的に合わせて使い分けます。

また、汗をかく季節や水辺では、

ウオータープルーフを使います。

見落としがちな紫外線に注意!

Check1.室内でも紫外線は防げない!

シミやシワ、たるみの原因になる紫外線A波は

窓ガラスを通り抜けます

自宅の窓際で過ごす場合には紫外線に気をつけましょう。

 

オフィス、電車、車などでも、日焼け止めだけでなく、

スカーフなどの小物を使ったプラスアルファのガードをします。

Check2.帽子や日傘だけではNG!

太陽から直接降り注ぐ直射光のほかに、

空気の粒子に当たって空中に散乱する「散乱光」や、

道路などから跳ね返ってくる「反射光」など、

あらゆる方向から紫外線が当たります。

 

帽子や日傘を使っていても安心はできません。

日焼け止めやサングラスを使う、服装はできれば

長袖や羽織れるものを持ち歩くのがオススメです。

Check3.天候が悪い日も防御して!

晴れの日の紫外線量を100%とすると、

薄曇りの日は80~90%、曇りの日は60%、

雨の日は30%です。

 

また、天気が急に変わることもあります。

紫外線量がゼロになるのは夜だけです。

雨の日も曇りの日も、油断せずUVケアをしましょう。

Check4.朝、夕方も油断は禁物!

紫外線量のピークは10~14時です。

ただし、B波はその時間帯に照射量がとくに

高まるのに対し、A波は日の出から急激に上昇していき、

日の入りまで、かなりの量が降り注いでいます。

 

日焼け止めを使う | 紫外線から肌を守る 飲む日焼け止めの効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

3881525

UVケアに欠かせないのが日焼け止め。

朝のスキンケアのひとつとして、必ず塗るようにしましょう。

また、こまめに塗りなおすことも大切です。

天候、室内外にかかわらず 毎日塗ることが大切

UVケアの第一は、日焼け止めです。

肌への刺激を心配する人も多いですが、

最近の日焼け止めは肌への負担が少ないので、

あまり気にしなくてOKです。

 

必ず守ってほしいのが、

日焼け止めを毎日の習慣にすることです。

「雨の日や室内ならUVケアをしなくていい」

「長袖をしていれば紫外線を通さない」というのは間違いです。

 

とくに生理前は黄体ホルモンの影響でシミが

できやすくなっているので、日焼け止めを厚めに塗る、

UV効果のあるファンデーションを重ねるなど、

いつもより手厚くケアしましょう。

 

妊娠中やピルを飲んでいる時も同様です。

「塗りっぱなし」は禁物 こまめに塗り直しを

SPFやPAの数値は効果の持続時間を示すものですが、

実際には肌に塗る量や汗の量、肌質などで

効果的に変わってきます。

数値にこだわらず、2~3時間ごとに塗り直しましょう。

 

メイクをする場合には、保湿後に日焼け止めを塗り、

ファンデーションを重ねます。

UV効果のあるファンデーションなら

さらに効果がアップします。

 

日焼け止めを塗り直すときはメイクを落とすのが

理想ですが、それは現実的に難しいでしょう。

 

メイク直しの際にパウダーファンデーションを

重ねづけするだけでもUVケアの効果はあります。

正しい日焼け止めの手順 | 肌をしっかり守るため

1.日焼け止めを手に取る

日焼け止めを手に取ります。

厚めにしっかり塗らないと効果が出ないので、

説明書にある量をきちんと守りましょう。

 

2.顔全体に伸ばす

指のハラを使って、顔全体にのばしていきます。

POINT:首、えり足や胸元も忘れずに塗る

 

3.重ねづけする

日光が当たる頬骨や額はとくにシミができやすいので、

厚めに塗っておきます。

 

4.ファンデーションを塗る

パウダーファンデーションを塗ります。

ムラができないよう、均一に塗りましょう。

テクニック:ファンデーションは日焼け止めが乾いてから塗るようにする

日焼け止め選びの目安

日焼け止めは生活のシーンに合わせて、

効果の低いものと高いものに使い分けます。

ただし、こまめに変えるのはたいへんという人は、

ずっと同じものでもOKです。

 

その場合は高い数値の日焼け止めを選んで

塗るようにしましょう。

 

また最近、紫外線防止効果測定基準の改定が行われ、

最高ランクのPA++++の日焼け止めも

発売されています。

UVケア | 紫外線から肌を守る-飲む日焼け止めの効果とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 5分

1537254

美しく健やかなな肌を保つために、

もっとも大切なのがUVケアです。

紫外線は日中なら、いつでもあらゆるところから

降り注ぎます。365日、毎日防御しましょう。

美肌の最大の”敵”は紫外線

紫外線から肌を守るために、欠かせないのが

UVケアです。

紫外線の影響として、まず日焼けやシミが

あげられます。

 

日焼けして白が黒くなるのは、

表皮で作られりメラニン色素の働きです。

紫外線を浴びると、表皮ではメラニン色素が

大量に作られます。

 

まるで日傘のように細胞を覆い、

紫外線を吸収して、表皮の細胞や

細胞核を守るのです。

 

その後メラニン色素はターンオーバーによってはがれ、

皮膚の色は元に戻ります。

ただしターンオーバーがうまくいかなかったり、

常に紫外線を浴びていると、肌に残ってしまします。

それが”シミ”です。

真皮に達し、「光老化」を引き起こす

紫外線は老化の原因でもあります。

波長の長さによって、A波、B波、C波の3つに

分けられます。このうち、波長の長いA波は

真皮まで達し、コラーゲンなどを破壊して、

シワ、たるみを引き起こします。

 

また、皮膚を厚く硬くしたり、くすみ、ガサガサ、

肌の老化の原因になることもあります。

これらの紫外線による老化現象が

光老化」です。

 

「日焼けしても元に戻る」と油断していると、

取り返しのつかない事態を招いてしまいます。

 

ですから、毎日のUVケアが欠かせないのです。

美肌の常識「日焼け」の2つの種類

即時型色素沈着(A波の影響)

日を長く浴びた後、皮膚が赤くならず、

すぐに黒く変わります。

浴び続けると黒さが増していき、

シミの原因になることもあります。

 

このような日焼けはA波によって引き起こされるものです。

即時型色素沈着が起こる時間は、

浴びてから約2~4時間毎いわれています。

 

遅延型色素沈着(B波の影響)

日を長く浴びたあと、赤く腫れ、ひどいときには

水ぶくれのようになります。

 

これは「サンバーン」と呼ばれる状態で、

4~7日目ぐらいに赤みがひいて皮膚が黒くなります。

これを「サンタン」と呼びます。

 

サンバーン、サンタンの2段階で皮膚が黒くなる

日焼けはB波の影響です。

紫外線の影響

A波→PAで防ぐ

・紫外線全体の約95%を占める

・日焼けのあと、すぐ肌を黒くする

・真皮に達してコラーゲンやエステチンを破壊

→シワ、たるみに

・皮膚がんの原因になる

・雲や窓ガラスを透過する

 

B波→SPFで防ぐ

・紫外線全体の約5%を占める

・日焼けした後、肌をいったん赤くしてから黒くする

・表皮でメラニン色素をつくらせ、日焼け、シミを引き起こす

・皮膚がんの原因になる

・雲や窓ガラスで、ある程度は遮断できる

・皮膚に当たることで、ビタミンDをつくる

日焼け止めのこの記号に注目

SPF

B波を防ぐ力の大きさを示します。

日光にあたった時に、日焼け止めを塗っていない状態に比べて、

サンバーンを起こすまでの時間が何倍に延ばせるかという

数値を表しています。

 

たとえば20分で肌が赤くなる人がSPF15の日焼け止めを

つければ、20×15=300分(5時間)、サンバーンを

抑える効果があります。

 

PA(色素沈着が起こるまでの時間を延ばす)

A波を防ぐ力の大きさを示しています。

 

日焼け止めを塗っていない状態に比べ、

即時型沈着を起こすまでの時間をどれだけ

延ばせるかによって、次の4つの種類があります。

 

+(2~4倍)

++(4~8倍)

+++(8~16倍)

++++(16倍以上)

 

最近の投稿
カテゴリー