飲む日焼け止めで活性酸素を抑える

飲む日焼け止めの効果ランキング | 体の中から日焼け止めをしよう

飲む日焼け止めの効果ランキング | 体の内側から日焼け止めをすることで、今までの日焼け止めでは対応できなかった効果を実現できます。

活性酸素を抑制する、飲む日焼け止めで老化を抑え年齢を若くする

目安時間 約 5分

6953699

紫外線対策で塗るタイプの日焼け止めは

以前より使用されてきました。

 

しかし、近年では紫外線から身体を守る時、

肌に日焼け止めのクリームを塗るだけでは

十分ではないと言われています。

 

目に紫外線を浴びることにより、脳下垂体に情報が伝わり、

その防衛反応としてメラニン色素が生成されます。

 

これが、最近聞かれるようになった

「目から日焼けする」と呼ばれるメカニズムになります。

 

同時に活性酸素が発生することでシミだけではなく

シワが増え、弛みが出ることで内外の身体の老化が進みます。

また、目に紫外線を浴び続けることにより、

白内障など眼病のリスクも高まります。

 

肌のケアだけでは十分でない紫外線対策ですが、

目から入ってくる紫外線に対してどのように対策すればいいのか、

主な対策方は二つあります。

 

一つは紫外線を透過させにくくする

UVカットの眼鏡を使用することです。

 

もう一つは、塗る日焼け止めと別に

飲む日焼け止めの服用をすることです。

 

飲む日焼け止めとは、詳細な成分はそれぞれ若干異なりますが、

ルテインやFernBlock、ポリフェノールやリコピンなどを

主成分として先に述べた活性酸素の働きをコントロールします。

 

薬品というより、サプリメントに近い飲む日焼け止めを

服用することで活性酸素の働きを適切に

コントロールすることが出来ます。

 

その結果として身体の内側から老化を防ぐことが

出来るようになります。同時にビタミンなどを含んでいる物も多く、

適切な服用をすることで年齢を若々しく健康に保つことも出来ます。

 

飲む日焼け止めの服用で美肌になると言われている理由は

これらの成分を多く含んでいるためです。

 

朝の出勤や営業回り、昼の外出など長い時間、

紫外線を浴びることで、体にダメージが蓄積されますので

効果が出る時間に合わせて服用することで

身体を内側から守ることが出来るようになります。

 

以上のような効果を持ち、活性酸素の抑制、美肌、健康、年齢を

若く保つことの出来る、飲む日焼け止めですが、

更に進んだ紫外線対策をするためには

塗る日焼け止めやUVカットの眼鏡を併用することで、

より効果をあげることが出来ます。

 

飲む日焼け止めが身体の内側から防御をするのに対して、

塗る日焼け止めやUVカットの眼鏡は身体の外側から

紫外線を防御する役割を果たすからです。

 

気になる要素の一つである副作用も

成分のほとんどがメジャーなもので余り聞かれません。

ただ、服用してから効きはじめるまでに

時間がかかることや対象年齢が設けられている場合があります。

 

飲む日焼け止めに限ったことではありませんが、

しっかりと用法を守って服用することで

効果的に使用することを勧めます。

 

塗る日焼け止めやUVカットの眼鏡だけでも

紫外線から身体を守ることは出来ますが、

十分でありません。

 

身体の内側から紫外線ケアをすることは、

それらのものには出来ないのに加えて、

体質的に塗ることの出来ないひとや、

デザイン的に使用に抵抗感を持つ人も少なからず存在します。

 

飲む日焼け止めでしたら、塗り直しの手間などもなく、

併用することでより多くの効果に期待できます。

 

もし紫外線対策を真剣に考えているのでしたら、

飲む日焼け止めの服用も検討に値するものと考えます。

 

最近の投稿
カテゴリー