医療機関で処方される飲む日焼け止め

飲む日焼け止めの効果ランキング | 体の中から日焼け止めをしよう

飲む日焼け止めの効果ランキング | 体の内側から日焼け止めをすることで、今までの日焼け止めでは対応できなかった効果を実現できます。

医療機関で処方される皮膚科医推奨の飲む日焼け止め

目安時間 約 5分

9578244

加齢は肌を老化させる原因になりますが、

加齢よりも気を付けなければいけないのが、

紫外線による肌ダメージです。

 

これは、光老化と呼ばれ、エイジングサインである

たるみやシワ、シミの大きな原因と考えられています。

 

紫外線を浴びると、皮膚は厚くなったり、

色素を濃くして肌を守ろうとします。

 

そして、そのダメージは肌内部で蓄積され、

やがてシミとしてあらわれたり、真皮のコラーゲンや

エラスチンなどが壊されることで、

肌からハリや弾力が失われます。

 

このように紫外線による肌への影響は

大変大きいため、肌の老化を防ぎ、

美しい肌を維持するためには、紫外線から

肌を守ることが重要です。

 

紫外線対策で欠かせないのは

日焼け止めクリームですが、これにはいくつかの

問題点があります。

 

日焼け止めクリームに含まれる成分に

アレルギー反応を起こす、塗りムラや塗り忘れがある、

日中こまめに塗りなおさなければいけない、

適量が分かりづらいなどが考えられます。

 

そして、これらの問題点をカバーできるものとして

最近注目されているのが、飲む日焼け止めです。
現在国内で入手できる飲む日焼け止めは、いくつかありますが、

医療機関で処方されている代表的なものは、ヘリオケアです。

 

ヘリオケアは、皮膚科分野の研究開発をしている機関が

開発したスペイン産の飲む日焼け止めで、

世界中の皮膚科医から推奨されています。

 

臨床実験でも飲む日焼け止めとして効果が

証明されており、安全性が高いと言われています。

ヘリオケアの主成分は、シダ植物の1種から抽出した

Fernblockです。

 

Fernblockは4つの作用によって、光老化を防ぎます。

まず、抗酸化作用があるため、紫外線を浴びることで

多量に発生する活性酸素を除去することができます。

 

そして、免疫防御作用によって

紫外線による肌ダメージを防ぎます。

また、紫外線を浴びるとDNAにもダメージを与えますが、

FernblockはDNA保護作用があるので、

がん細胞の発生を抑制します。

 

さらに光老化は皮膚の構造にも変調をもたらします。

特にコラーゲンやエラスチンの生成に関わる

繊維芽細胞が衰えると、ハリや弾力のない肌になります。

Fernblockは皮膚構造の変化を防ぐため、肌の老化を防ぎます。

 

ヘリオケアには外用タイプもありますが、

飲む日焼け止めタイプは、オーラル、ウルトラオーラル、

ウルトラDオーラルの3種類があります。

 

オーラルには、Fernblockが1錠につき240㎎配合され、

ウルトラオーラルとウルトラDオーラルには、

480㎎配合されています。

 

そして、ウルトラDオーラルには、

免疫力の向上に効果があるビタミンDが含まれており、

がん細胞の抑制効果も期待したい人に選ばれています。

 

医療機関によってはすべての種類を取り揃えていない

場合もあるので、事前に確認した方が良いでしょう。

また、ヘリオケアは個人輸入でも入手することができますが、

安全に服用したい場合は皮膚科医に診察してもらったうえで

処方してもらうのがおすすめです。

 

ヘリオケアの飲み方は、紫外線を浴びる30分前に1錠服用します。

長時間に亘って外で活動する場合は、4時間おきに服用します。

 

飲む日焼け止めは紫外線対策として有効ですが、

これだけでは不十分なため、日焼け止めクリーム、

帽子、日傘などの他の紫外線ケアなどのアイテムと

併用することが望ましいでしょう。

 

最近の投稿
カテゴリー