身体への副作用のない飲む日焼け止め

飲む日焼け止めの効果ランキング | 体の中から日焼け止めをしよう

飲む日焼け止めの効果ランキング | 体の内側から日焼け止めをすることで、今までの日焼け止めでは対応できなかった効果を実現できます。

天然成分なので身体への副作用のない飲む日焼け止め

目安時間 約 5分

13307787

最近では天然成分の配合された

飲む日焼け止めというものが注目を集めています。

 

日焼け止めというとジェルやクリームなどのタイプが

主流だったのですが、海外では飲むタイプが定着しつつあります。

 

飲む日焼け止めは欧米を中心に爆発的に広がった商品であり、

サプリメントタイプとなっています。

日本ではまだあまり馴染みがないのですが、

医療機関では以前から使用されていましたし、

メディアなどでも取り上げられたことで

名前を聞いたことのある人もいるでしょう。

 

飲む日焼け止めには塗る日焼け止めのように

塗り忘れの心配がありません。また、塗り直しの手間もかかりませんし、

べたつかないのでクレンジングの必要もないのです。

 

さらに、身体への副作用が少なく、敏感肌の人でも

使うことができますし、天然成分が主に使われているため、

4歳以上の子供が使うこともできます。

 

従来のクリームタイプの日焼け止めやジェルタイプの

日焼け止めよりもたくさんのメリットがあるため、

かなり人気が高まっているのです。

 

ちなみに、日焼けをすると肌はダメージを受けてしまうのですが、

その原因は紫外線にあります。

紫外線は肌の細胞やDNAを傷つけてしまうため、

たくさん紫外線を浴びるとシミやシワ、たるみなどを

引き起こすこともあるのです。

 

ちなみに、紫外線が体の中に入ると

フリーラジカルという物質が発生して

細胞を傷つけるのですが、飲む日焼け止めに含まれる

成分にはフリーラジカルを破壊するという効果があります。

 

それによって紫外線による肌へのダメージを

無くしてくれるということです。

また、この成分だけでなく、ビタミンDやビタミンC、

ビタミンEなどといった美容成分が

含まれていることも特徴です。

 

日焼け止め効果があることはもちろん、

美肌効果を得たいという人にもおすすめです。

飲む日焼け止めは紫外線に当たる30分くらい前に

使用することになります。

 

効果の持続時間は4時間~5時間程度とされているため、

1日中外出する時などは4~5時間ごとに

追加で飲むようにしましょう。

 

また、さらに紫外線対策の効果を高めたいという場合、

飲むタイプと塗るタイプの日焼け止めを

併用するのがおすすめです。

 

飲む日焼け止めの最大のメリットとしては、

身体への副作用がほとんどないということが挙げられます。

 

主成分は植物由来の天然成分であり、4歳以上の子供でも

安心して服用することができます。

もちろん子供に飲ませるのは不安という人もいるでしょうし、

何歳から飲ませるのかは自己判断で良いでしょう。

 

ちなみに、飲む日焼け止めは日本ドラッグストアでは

販売されていないため、医療機関で購入するか個人輸入を

利用することになります。

 

医療機関に行くのは面倒だと感じるかもしれませんが、

飲む日焼け止めは薬ではなくサプリメントなので

窓口で簡単に購入できることが多くなっています。

 

個人輸入を利用する場合、他の人の口コミなどを

チェックして信頼できる業者から購入するようにしましょう。

 

最近の投稿
カテゴリー