飲む日焼け止めで内側からブロック

飲む日焼け止めの効果ランキング | 体の中から日焼け止めをしよう

飲む日焼け止めの効果ランキング | 体の内側から日焼け止めをすることで、今までの日焼け止めでは対応できなかった効果を実現できます。

飲む日焼け止めで全身のダメージを内側からブロック

目安時間 約 5分

6898882

飲む日焼け止めというのは体の内側から紫外線を

ブロックするというサプリメントであり、

飲むだけで全身の紫外線対策ができるのです。

 

今まで日焼け止めというと肌に塗るタイプが

主流だったのですが、飲むタイプの日焼け止め

メディアなどで取り上げられるようになり、

気になっているという人も多いでしょう。

 

飲む日焼け止めについてよく知らないという場合、

その効果や副作用についても知っておくのがおすすめです。

 

飲む日焼け止めといっても国産のものと海外のものでは

配合されている成分などが異なっています。

しかし、効果などはほとんど同じですし、

細胞が受ける紫外線によるダメージを

軽減するということです。

 

人間の皮膚は紫外線を受けると全身にさまざまな反応が

現れてきます。まずはメラニン色素が増えることで

シミやそばかすの原因となりますし、シワや乾燥、

ニキビなどができてしまうこともあります。

 

また、バリア機能が低下してしまったり、

皮膚がんなどの原因となってしまうこともあるのです。

 

紫外線にはさまざまな悪影響があるため、

そのダメージを効率よく軽減するために

飲むタイプの日焼け止めを利用すると良いでしょう。

 

飲む日焼け止めの効果は全身に及びますし、

日焼け止めを塗れない目の周りや塗り忘れてしまった場所の

紫外線ダメージも軽減してくれるのです。

 

従来の塗るタイプの日焼け止めの場合、

有害な紫外線が肌に降り注ぐのを防止する効果があります。

そのため飲むタイプとは目的や効果が異なっていると

知っておきましょう。

 

また、飲む日焼け止めは敏感肌の人が日焼け対策を

したいという人にもおすすめです。

敏感肌の人は強力な日焼け止めを塗ると

肌が荒れてしまうこともありますが、飲むタイプなら安心です。

 

飲む日焼け止めの主成分は天然由来の成分となっており、

副作用の心配がほとんどないと言われています。

 

年齢制限もないので小さな子供でも飲むことができますが、

妊娠中や授乳中の人は飲むことができません。

どうしても飲みたい場合はドクターに相談してみましょう。

 

基本的な飲み方としては紫外線に当たる30分前に

飲むということです。効果は4~6時間持続するため、

長く外出する場合は追加で飲むようにしましょう。

 

また、紫外線の強い時期になったら毎日飲むのが良く、

その方が紫外線を浴びる時だけ飲むよりも効果がアップします。

 

日焼け止め効果のある成分だけでなく美肌成分も含まれているため、

肌を綺麗に保つためのサポートをしてくれるでしょう。

 

飲むタイプの日焼け止めは基本的に紫外線に当たる前に

飲むことになりますが、うっかり日に当たってしまった場合や

日焼けしてしまった場合、後で応急処置として飲むこともできます。

 

日焼け止めを使わずに長時間日差しを浴びてしまった

場合などは、なるべく早く飲み日焼け止めを

飲むようにしましょう。

 

ちなみに、飲む日焼け止めは紫外線が肌に届くのを

ブロックするというものではないため、

塗る日焼け止めと併用するのが最もおすすめです。

 

最近の投稿
カテゴリー