飲む日焼け止めで日焼け予防

飲む日焼け止めの効果ランキング | 体の中から日焼け止めをしよう

飲む日焼け止めの効果ランキング | 体の内側から日焼け止めをすることで、今までの日焼け止めでは対応できなかった効果を実現できます。

飲む日焼け止めで日焼け予防。皮膚を守り美肌をキープ | 飲む日焼け止めの効果

目安時間 約 5分

4842099

日差しや紫外線が強まる中、日焼け止め対策には

実に様々なものが存在します。日常的にクリームタイプや

スプレータイプの日焼け止めを使ったり、長袖を着る、

帽子をかぶる、日傘をさすなどの対策を講じている人は多いです。

 

日焼けを防ぐ目的は、単純に白い美肌を守るため、

日焼けをしたくないという人もいますし、将来的に

シミやソバカスになるのを嫌ったり、皮膚ガンの

発症リスクを減らし、予防するためという人もいます。

 

日に焼けた肌は健康的で美しいという時代は終わり、

いかに皮膚へのダメージを減らすかというのが

トレンドになって長い時間が経ちました。

 

そんな中で、今までとは全く違ったアプローチとして

注目を集めるのが、飲む日焼け止めです。
飲む日焼け止めはその名の通り、口から飲み込むことで

日焼けを防ごうという発想から生まれました。

飲んで日焼け止めをするというメカニズムは

ピンとこないかもしれません。

 

飲むことで、日焼けしにくい肌をつくり、

日焼けからの回復も早めようというとすると言えば

わかりやすいでしょう。

 

服用方法としては、強い紫外線を浴びる7日前から飲み始めます。

そうすることで加齢とともに減少するセラミドやカロテンが増え、

日焼けしにくい肌を作ってくれます。

 

飲む日焼け止めには、肌を白く美しく保つ効果もあります。

メラニンの生成を強力に抑制するパイナップル由来のフィトールが、

メラノサイトを抑制し、美肌を保つのです。

 

また、昨今話題の日焼け止め成分も惜しみなく配合しています。

フィトールと同じくパイナップル由来のセラミドはUV-Bや刺激、

乾燥から肌を守ります。

 

椰子の実から取れるカロテンにもセラミドと同じような

役割があります。ローズマリーに含まれるカルノシン酸は

UV-Aから肌を守り、炎症を抑えます。

 

シダ由来のポリポディウムロイコトモスは

海外でも話題になっている日焼け止め成分です。

みかんに含まれるヘスピリジンはビタミンPとも呼ばれ、

これも炎症を抑えてくれます。

 

そして日焼け止め成分というと真っ先に思い浮かぶ

ビタミンCはレモン5個分も入っており、

紫外線から素早く肌を守ってくれます。

 

このビタミンCは、肌や粘膜の健康維持を助けるとともに

抗酸化力を持つ栄養素として古くから親しまれてきました。

日焼け止めにも効果があると古くから言われてきましたが、

残念ながらビタミンCは水溶性で、体に長くとどまることが

できないのです。

 

積極的にサプリメントなどで補給することで

常に補ってあげることが重要です。

飲む日焼け止めにビタミンCが豊富に配合されているのには

そういった意味があります。

 

元々肌に含まれ紫外線のバリアとなるべきセラミドや

カロテンに注目しながら、必要な栄養素も豊富に配合することで、

多くの人を満足させる飲む日焼け止めの開発に成功したのです。

 

様々なマスメディアで取り上げられている事実、

多くの口コミで得られている高い評価からも、

美肌を守る効果が高いことは見て取れます。

 

皮膚へのダメージを減らし、

将来生ずる多くのリスクを予防するため、

飲む日焼け止めは有効です。

他の日焼け対策と併用することで、

その効果は更に確かなものになります。

 

最近の投稿
カテゴリー