飲む日焼け止めとビタミンCやリコピンによる紫外線対策

飲む日焼け止めの効果ランキング | 体の中から日焼け止めをしよう

飲む日焼け止めの効果ランキング | 体の内側から日焼け止めをすることで、今までの日焼け止めでは対応できなかった効果を実現できます。

飲む日焼け止めとビタミンCやリコピンによる紫外線対策 | 飲む日焼け止めの効果

目安時間 約 5分

1197656

紫外線の量は夏が最も多いのですが、

秋や冬などの時期にも紫外線は降り注いでいます。

 

そのため紫外線対策は一年中必要となるのです。

紫外線対策といえば日焼け止めクリームやジェルなどを

イメージする人も多いでしょう。

 

そのような日焼け止めは気になる部分に手軽に

塗ることができますが、背中など塗るのが

難しい部分もありますし、汗などで流れ落ちたら

塗り直しが必要となります。

飲む日焼け止めが話題のワケとは

有名人が取り入れている紫外線対策は

飲む日焼け止めであり、メディアなどでも最近

取り上げられています。

 

サプリメントで身体の内側から

紫外線の対策ができますし、

紫外線をブロックすることで綺麗な肌を

キープすることができるでしょう。

 

紫外線には2つの種類がありますが、

肌の真皮層に届く紫外線は細胞組織を

破壊してしまいます。

 

それによってシワやたるみなどが起こってしまうこともあるため、

しっかりと紫外線の対策をすることが大切です。

 

日本ではまだあまり広まっていませんが、世界では

飲む日焼け止めがかなり使われるようになっています。

飲む日焼け止めにはさまざまなメリットがあるため、

しっかり確認しておくと良いでしょう。

 

飲む日焼け止めにはまず、塗りムラや塗り忘れを防止できる

というメリットが挙げられます。

一部だけ塗り忘れて黒くしなってしまうことはありませんし、

塗りにくい部分でもしっかりと紫外線の対策ができます。

頭皮や目の紫外線もブロックできる

また、頭皮や目などの紫外線もブロックできるのです。

塗る日焼け止めの場合は塗り直しが必要であり、

水や汗によって落ちると効果が下がってしまいます。

 

飲む日焼け止めは体の内側から効果を発揮してくれるため、

水や汗も関係ありませんし、塗り直し不要で海やキャンプなどを

楽しむことができます。

 

また、肌が弱くて塗る日焼け止めを使えないという人も

いるかもしれません。飲む日焼け止めなら肌が弱い人でも

使うことができますし、肌に負担をかけることなく

紫外線の対策ができるでしょう。

 

専用のクレンジングなども不要ですし、

毛穴に詰まってしまうこともありません。

紫外線はシミなどの原因となるため、日ごろから対策を

していくことが大切です。

普段の食事で紫外線対策ができる?

飲む日焼け止めは紫外線を内側からブロックする

ためのものですが、普段の食事にも紫外線を対策する

ポイントがあります。

 

内側から紫外線ケアをするなら効果の高い食品を

摂取することが大切であり、ビタミンCやリコピン

豊富に含む食材が紫外線の対策に役立つということです。

 

リコピンを豊富に含む食材はいくつかありますが、

中でもトマトがおすすめです。

リコピンには肌や体の老化を予防する

という効果がありますし、

糖尿病などのリスクを下げることもできるのです。

トマトやブロッコリーが有効

トマトならスーパーで簡単に手に入りますが、

リコピンは油に溶けやすいという性質を持っているため、

オイルを使って炒め物にすると良いでしょう。

 

忙しい時はトマトジュースを飲んでも

効果があります。ビタミンCというとレモンなどを

イメージする人が多いかもしれませんが、

実はレモンよりもブロッコリーの方が

ビタミンCがたくさん含まれています

 

ブロッコリーにはビタミンCが豊富に含まれているため、

シミやそばかすを予防することができます。

 

 

最近の投稿
カテゴリー