飲む日焼け止めの効果や副作用

飲む日焼け止めの効果ランキング | 体の中から日焼け止めをしよう

飲む日焼け止めの効果ランキング | 体の内側から日焼け止めをすることで、今までの日焼け止めでは対応できなかった効果を実現できます。

飲む日焼け止めの効果や副作用やトラブルについて | 飲む日焼け止めの効果

目安時間 約 5分

1156562

最近では飲む日焼け止めが注目を集めており、

テレビや雑誌などで見かけたことのある人も多いでしょう。

 

日焼け止めというと塗るものだと考えている人も

いるかもしれません。飲むタイプの日焼け止めが

気になるという場合、そのメリットだけでなく

副作用やトラブルについても確認しておきましょう。

 

紫外線を浴びることでシミやシワなどといった

肌トラブルが起こりやすくなると言われています。

 

クリームやジェルタイプの日焼け止めで対策している場合、

飲むタイプの日焼け止めに本当に効果があるのか

疑問に感じてしまうかもしれません。

日焼けするメカニズムとは

紫外線対策をする場合はまず、

日焼けをするメカニズムについて知っておくと良いでしょう。

人は紫外線を浴びると皮膚の表面にあるメラノサイトが

メラニン色素を作り出し、紫外線が内側に入らないように

ブロックします。

 

それによって肌に残ったメラニン色素が

日焼けの原因であり、メラニン色素というのは

皮膚を守るために大切なものなのです。

 

ちなみに、紫外線を浴びるとメラニン色素が

増えることはもちろん、体内にフリーラジカルが発生することで

シミやシワなどの肌トラブルが起こってしまうのです。

フリーラジカルを破壊する効果がある

飲む日焼け止めにはフリーラジカルを破壊する成分が

配合されているため、紫外線によるダメージを

抑えることができるのです。

 

ちなみに、飲む日焼け止めと飲んでも日焼けをしなくなる

というわけではなく、あくまで紫外線による影響を

抑えるものだと知っておきましょう。

 

飲む日焼け止めを飲んでも日焼けはしてしまいますし、

しっかりと紫外線対策をしたいなら塗るタイプの日焼け止めと

併用するのがおすすめです。

 

毎日飲み続けることでさらに紫外線をブロックする効果が

アップするということです。紫外線はシミやシワだけでなく

老化にも繋がります。

 

すぐに影響があるわけではないのですが、外側と内側から

しっかり紫外線対策をしておくことが大切です。

日に当たる30分くらい前に飲めば有効

飲む日焼け止めは日に当たる30分くらい前に

飲むだけなので簡単です。効果は4~5時間程度持続しますが、

1日中、日に当たる場合などは追加で飲むと良いでしょう。

 

もちろん使い方は商品によって異なっているため、

正しい使い方を守ることが大切です。

飲む日焼け止めは紫外線に弱い欧米人のために

開発されたものであり、日本で使われるようになったのは

最近のことです。

 

興味があるけれどその副作用が心配だという人もいるでしょう。

最近では通販サイトでも購入できますが、

以前は医療機関でしか販売されていませんでした。

植物から抽出した天然成分配合

植物から抽出した天然成分を主に使っており、

薬ではなくサプリメントなので

副作用の心配はほとんどないということです。

 

4歳以上の子供でも飲むことができますし、

皮膚科などでも使われているため、

安全性については問題ないでしょう。

 

飲むタイプの日焼け止めは肌への刺激がないため、

肌が弱くて塗るタイプの日焼け止めが使えないという人にも

おすすめです。

 

もちろん飲む日焼け止めだけで完全に

紫外線対策ができるというわけではないため、

塗る日焼け止めと併用した方が良いでしょう。

 

 

最近の投稿
カテゴリー