飲む日焼け止めの効果ランキング

飲む日焼け止めの効果ランキング | 体の中から日焼け止めをしよう

飲む日焼け止めの効果ランキング | 体の内側から日焼け止めをすることで、今までの日焼け止めでは対応できなかった効果を実現できます。

飲む日焼け止めで目から入る紫外線やメラノサイトをブロック

目安時間 約 5分

7684053

紫外線は肌を老化させることで知られており、

対策は万全に行っておきたいところです。

 

その対策方法としては、日焼け止めクリームを塗る、

帽子や日傘を使うなどが一般的です。

外出の際に肌を守るのにとても役立つアイテムです。

 

とはいえ、対策をしっかり行ったつもりでも、

肌が黒くなってしまった、シミができてしまったという

経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

 

紫外線対策は肌はしっかり行っているという人は多いですが、

目となるとつい油断してしまう人も多いのではないでしょうか。

 

紫外線は目からも入ってきますので、

メラノサイトを刺激し、肌を黒くしてしまいます。
そして肌を黒くしてしまう、衰えさせてしまうだけではなく、

白内障などの目の病気のリスクを高めてしまうことにもつながります。

 

サングラスなども活用してしっかり保護しておきたいですが、

いつもかけているというわけにはいかず、

対策では悩まれている人も多いのではないでしょうか。

 

とはいえ、クリームを塗れる部分ではありませんので、

効果的な対策は難しいものがあります。

 

よりしっかりと紫外線をカットしたい、肌だけではなく、

目も守りたいという場合は飲む日焼け止めを活用することもおすすめです。

 

日焼け止めというと肌に塗るものというイメージもありますが、

体の内側からもケアを行うことで、

日焼けのリスクを抑えることができ、

日焼け止めを塗るのが難しい部分も

しっかり対策することができます。

 

飲む日焼け止めは抗酸化作用の高い成分、

美容成分などが含まれており、紫外線を浴びたときにも

肌を焼けにくくし、回復も早めてくれます。

 

飲む日焼け止めはサプリメントタイプなら

通販などで手軽に入手できますので、

活用してみてはいかがでしょうか。

 

こうした商品の良いところは、

クリームのように、一日何度も塗りなおす

必要がないことがあげられます。

 

汗をかくスポーツを行うときや、

プール、海水浴のように水辺では

ぜっかく塗ったクリームもすぐに落ちてしまい、

何度も塗り直さなくてはいけません。

 

そして塗りやすい部分もあれば、

塗りづらい部位もありますので、

ムラができてしまう心配もあります。

 

そして肌が弱い人の場合は、

肌荒れが起きてしまうこともあります。

 

その点、飲む日焼け止めであれば、

塗りムラができることもありませんし、

肌への負担も抑えることができます。

 

飲む日焼け止めだけでも良い効果を期待できますが、

塗るタイプと併用したり、日傘や帽子を活用すると

より効果を高めることもできますので、

合わせて使うことがおすすめです。

 

飲む日焼け止めは面倒な紫外線対策を

より簡単なものとしてくれますし、

今まで紫外線対策が難しかった部分も

しっかりカバーすることができます。

 

そして肌を守ることはもちろん、

体内の活性酸素の増殖を抑えるのにも役立ちますし、

皮膚がんのリスクを抑えることもできます。

 

レジャーなどで外で過ごすことが多いときに

使うときにはもちろん、普段の外出の際なども

上手に活用していきましょう。

紫外線によるシミやそばかすが気になる人には飲む日焼け止め

目安時間 約 5分

12991191

太陽の日差しが強く、日焼けをしやすい夏はもちろん、

春や秋、冬にも紫外線の影響が強いことが知られてきているため、

一年中、日焼け止めを付けているという人が増えてきています。

 

紫外線は、肌にダメージを与えるため、

肌がダメージから肌自体を守るために、

メラニン色素を放出し、肌全体が黒くなったり、

シミやそばかすができます。

 

日焼け止めをしっかり塗っているのに、

肌にシミそばかすができてしまったり、

塗り直しの手間や時間がなくて日に焼けてしまったりすることや

汗で日焼け止めやメイクが流れて、日焼けしてしまう上に

メイク崩れがひどくなってしまうこともあります。

 

また、日に焼けることを嫌い、日焼け止めだけではなく、

衣服や手袋、日傘にサングラスとできるだけ日に当たらないように

過ごしている人もいますが、海や山などの自然やスポーツ、

 

レジャーを楽しむことができず、日常生活を楽しめないという人もいます。
紫外線によるシミやそばかす、しわなどの肌老化が気になる人に

最近注目されているのが、飲む日焼け止めです。

 

飲む日焼け止めは、地中海沿岸など日差しが強い海外や欧米など、

海外では大変人気があり、日焼けを予防するために

利用している人がたくさんいます。

 

日本でも最近とても注目されており、

効果を実感することができると、人気が急上昇してきている

サプリメントです。

 

飲む日焼け止めは、内側から日焼けを防止できる

というメリットがあります。

 

紫外線は日焼けをするだけではなく、老化が進むことが知られており、

近年夏の紫外線量が多くなってきていることからも、

飲む日焼け止めが注目されてきているのです。

 

飲む日焼け止めは、日焼けを完全に防ぐことはできないので、

日焼け止めを塗る必要はありますが、日焼け止めを塗っても

日焼けをしてしまった経験がある人が多いように、

日焼け止めも完全に日焼けを防ぐことはできません。

 

そこで、日焼け止めを塗ることと、

飲む日焼け止めを使用することの両方をおこなうことで、

ダブルで日焼けを防いだり、むら焼けを防いだりすることが期待できます。

 

日焼け止めをこまめに塗りなおしているという人が

いるかもしれませんが、実は、塗り直しをすると、

むらになりやすいため、肌の色にむらができたり、

シミなどが部分的にできてしまうこともあります。

 

塗り直しは、日焼け対策として効果的なのですが、

こまめに肌をきれいに洗って、塗り直しをすることは難しいので、

日焼け止めと飲む日焼け止めの併用がおすすめです。

 

飲む日焼け止めは、摂取してから30分以内に効きはじめ、

4時間から8時間適度効果が持続するものが一般的です。

 

釣りやゴルフ、キャンプに海水浴など、日に焼けることが

分かっているときに飲むと効果的ですが、

日焼けは日に当たっているときだけでなく、

紫外線を浴びた肌細胞は、ダメージをその後も受け続けます。

 

また、日焼けは毎日連続して起こるものなので、

毎日飲むことがおすすめです。

 

毎日飲むことで、日焼け防止の効果を実感することができると

リピーターが増えてきています。

紫外線を防ぐ生活を | 体の内側からUVケア 飲む日焼け止めの効果

目安時間 約 4分

4017175

体をさびつかせる紫外線。

その影響を抑えてくれるのが、抗酸化物質です。

多く含む食材を積極的に食べて、

内側からも守りを固めましょう。

抗酸化物質で”食べるUVケア”を

紫外線の影響から肌を守るには、食べ物での

内側からのUVケア」も有効です。

 

紫外線を浴びると、体内では「活性酸素」が発生します。

活性酸素は酸素が変化したもので、細胞や組織を

「さびさせてしまう」物質です。

 

活性酸素が増えるとシワやシミだけでなく、

動脈硬化の原因になることもあります。

 

このような活性酸素の影響から肌や体を守って

くれるのが、「抗酸化物資」です。

 

主なものに、B-カロテン、ビタミンC、E,

ポリフェノールなどがあります。

単品で食べるより、いくつか合わせてとるほうが

効果が高まります。

 

日頃から積極的にとるように意識しましょう。

日焼け後はすぐ冷やして水分補給を

いくら日頃から紫外線対策をしていても、

アウトドアでレジャーを楽しめば、

日焼けが避けられないときもあります。

 

日焼け後、肌がピリピリしてきたら、

できるだけ早く、濡らしたタオルで冷やしましょう

体が脱水症状になっているので、水分をたっぷり

とることも大切です。

 

赤みがおさまったら、化粧水や乳液で保湿します。

美白効果のあるビタミンC誘導体配合のものを

使ってみてもよいでしょう。

 

また日焼け後にも抗酸化物資をとれば、

紫外線による肌への影響を抑えてくれます

 

紫外線を大量に浴びた後は免疫力も低下しているので、

バランスの良い食事をとり、十分に体を休めてください。

カラフルな食材を積極的にとろう

南国のフルーツがカラフルなのは、紫外線の影響を

抑えてくれる、抗酸化物資がたっぷり含まれているからです。

 

またトマトやほうれん草、かぼちゃなどの

緑黄色野菜も抗酸化物資を多く含みます。

「色鮮やかさ」を食材選びの目安にするとよいですね。

シミができやすくなる食べ物も

レモンやオレンジなどの柑橘類や、パセリ、セロリ、

キュウリなどに含まれる「ソラレン」という物質は、

紫外線への感受性を高め、シミをできやすくします

 

外出などで日に当たる前には、食べないようにします。

夕食で取るとよいでしょう。

日焼け止めを使う | 紫外線から肌を守る 飲む日焼け止めの効果

目安時間 約 4分

3881525

UVケアに欠かせないのが日焼け止め。

朝のスキンケアのひとつとして、必ず塗るようにしましょう。

また、こまめに塗りなおすことも大切です。

天候、室内外にかかわらず 毎日塗ることが大切

UVケアの第一は、日焼け止めです。

肌への刺激を心配する人も多いですが、

最近の日焼け止めは肌への負担が少ないので、

あまり気にしなくてOKです。

 

必ず守ってほしいのが、

日焼け止めを毎日の習慣にすることです。

「雨の日や室内ならUVケアをしなくていい」

「長袖をしていれば紫外線を通さない」というのは間違いです。

 

とくに生理前は黄体ホルモンの影響でシミが

できやすくなっているので、日焼け止めを厚めに塗る、

UV効果のあるファンデーションを重ねるなど、

いつもより手厚くケアしましょう。

 

妊娠中やピルを飲んでいる時も同様です。

「塗りっぱなし」は禁物 こまめに塗り直しを

SPFやPAの数値は効果の持続時間を示すものですが、

実際には肌に塗る量や汗の量、肌質などで

効果的に変わってきます。

数値にこだわらず、2~3時間ごとに塗り直しましょう。

 

メイクをする場合には、保湿後に日焼け止めを塗り、

ファンデーションを重ねます。

UV効果のあるファンデーションなら

さらに効果がアップします。

 

日焼け止めを塗り直すときはメイクを落とすのが

理想ですが、それは現実的に難しいでしょう。

 

メイク直しの際にパウダーファンデーションを

重ねづけするだけでもUVケアの効果はあります。

正しい日焼け止めの手順 | 肌をしっかり守るため

1.日焼け止めを手に取る

日焼け止めを手に取ります。

厚めにしっかり塗らないと効果が出ないので、

説明書にある量をきちんと守りましょう。

 

2.顔全体に伸ばす

指のハラを使って、顔全体にのばしていきます。

POINT:首、えり足や胸元も忘れずに塗る

 

3.重ねづけする

日光が当たる頬骨や額はとくにシミができやすいので、

厚めに塗っておきます。

 

4.ファンデーションを塗る

パウダーファンデーションを塗ります。

ムラができないよう、均一に塗りましょう。

テクニック:ファンデーションは日焼け止めが乾いてから塗るようにする

日焼け止め選びの目安

日焼け止めは生活のシーンに合わせて、

効果の低いものと高いものに使い分けます。

ただし、こまめに変えるのはたいへんという人は、

ずっと同じものでもOKです。

 

その場合は高い数値の日焼け止めを選んで

塗るようにしましょう。

 

また最近、紫外線防止効果測定基準の改定が行われ、

最高ランクのPA++++の日焼け止めも

発売されています。

紫外線による病気 | 肌だけでなく全身に影響 飲む日焼け止めの効果

目安時間 約 6分

8033796

紫外線は、日焼けやシミだけでなく、

皮膚がんや目の病気を引き起こすこともあります。

その怖い影響について、知っておきましょう。

紫外線が細胞を傷つけ、皮膚がんに発展する場合も

紫外線を大量に浴びた結果、日焼けだけで済まず、

命にかかわる病気を招いてしまうことがあります。

それが皮膚がんです。

紫外線により、細胞内の核(遺伝子)が傷つくことが

原因です。

 

もちろん体内には、傷ついた遺伝子を修復するシステムが

備わっています。

ですが、繰り返し長期にわたって紫外線を浴び続けると、

遺伝子の修復がうまくいかなくなることがあります。

 

遺伝子が壊れたままで細胞分裂をしていくと、

異常な細胞がどんどん増えてしまいます。

これが皮膚がんの原因です。

 

皮膚がんを防いでいくためには、

若いうちからの紫外線対策がとても大切です。

長時間の紫外線は白内障などの原因にも

目の病気になる場合もあります。

お年寄りに覆い「白内障」や「黄斑変性症」は、

黒目の部分にある水晶体に、紫外線が長い時間にわたって

当たり続けたことが原因といわれています。

 

また、スキー場、海などで目に紫外線を大量に浴びると、

「雪目」といわれる、角膜のやけどを負ってしまいます。

 

目が充血し、痛み、まぶしさ、涙などの症状を

引き起こします。紫外線の強い場所では、

サングラス、ゴーグルなどを必ずつけましょう。

 

このように美容だけでなく全身の健康のためにも、

紫外線の影響から身を守ることが重要なのです。

美肌の常識 | サングラスが美白に効く

紫外線から目を守るためにかけるサングラス。

実は、シミや日焼けを防いでくれる効果もあるのです。

 

肌が紫外線にさらされるとメラニン色素がつくられますが、

それ以外に、目に光が入ってまぶしさを感じただけでも、

「メラニン色素をつくれ!」と脳が指令を出すのです。

 

ですからサングラスは、UV効果のあるもので、

かつ、よく光を遮断するものを選ぶとよいでしょう。

紫外線はさまざまなトラブルの原因に

紫外線の怖い影響について知っておきましょう。

症状1:日焼け(日光皮膚炎)

日焼けをすると、皮膚が赤くなってヒリヒリしてきます。

これは、皮膚が軽い「やけど」を負っている状態だからです。

重症なときは熱が出たり、頭痛や吐き気、免疫力が

ダウンすることもあります。

 

症状2:光老化

紫外線はシミやシワ、たるみの原因になります。

また、肌を乾燥させるので、放置するとターンオーバーが

正常に行われなくなり、くすみ、キメの荒れなど、

老けた印象の肌になってしまいます。

 

症状3:皮膚がん

紫外線が細胞を傷つけた結果、DNAが損傷し、

皮膚がんを引き起こす場合があります。

シミやほくろの形が左右対称でない、まわりが

ギザギザ、色が均一でなく濃淡が混じっている、

直径が6mm以上、などがあったら、

皮膚科専門医を訪ねましょう。

 

症状4:目の病気

紫外線を長時間にわたって浴び続けると、

白内障、黄斑変性症などの原因になります。

また、スキー場や海で強い紫外線を大量に浴びると、

まぶしさや目の痛み、大量に涙が出る、などの

症状が起こる「雪目」になることもあります。

 日焼け止めに使われている2つの成分

日焼けどめには、一般的に、紫外線を吸収する

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤が使われています。

 

紫外線吸収剤は、メトキシケイヒ酸オクチル、

オキシベンゾンなどが主な成分です。

紫外線を吸収させて肌を守りますが、

敏感肌の人などにとっては刺激が強いので、

肌荒れやかぶれを引き起こすこともあります。

 

紫外線吸収剤不使用」「ノンケミカル」と書かれた

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めを使うとよいでしょう。

UVケア効果のある化粧下地には、

紫外線吸収剤が使われているものが多くあります。

 

紫外線散乱剤は、紫外線を反射させて肌を守ります。

酸化チタンや酸化亜鉛などが主な成分です。

紫外線吸収剤よりは刺激が少ないのですが、

肌が白っぽくなる、乾燥しやすいなどの

傾向があります。

 

最近の投稿
カテゴリー